お知らせ

 

 

NEW 東京支部の集いにご出席される先生方をおしらせします

 

南山国際高等学校・中学校から  山田利彦 校長
                                                          奥村 明弘 中学教頭
                                                          小久保 文雄 事務長


       
男子部・女子部代表して男子部から澤田秋善 副校長

                            

                       が出席されます.

 

 

 

 

NEW ロコバント(成瀬)靖子さん(G9)のご著書ご紹介

 

「夫はバイリンガル失語症:日本語教師が綴る闘病と回復の五年間」
           大修館書店 2013年

 2005年に脳梗塞の後遺症により失語症となった夫の闘病の記録である。夫はドイツ人で母語のドイツ語、英語、日本語を使いながら東京で暮らしている。私大の法学部教授としての職業言語は日本語である。一般的に失語症は母語の単一言語の回復を目指してリハビリが行われるが、夫の場合はまず「どの言語を回復させるか、全部か、或いは母語優先か?」が問題となった。そして職場復帰を望む夫の選んだのは「日本語」であった。東京に住むドイツ人が日本語の言語治療を受けたその言語回復の詳細なレポートである。

 

  なおロコバント靖子さんについて常盤会会報No.98に記事が掲載されていますのでそちらもご覧ください。

 

 

NEW 後藤神父さまの3冊目のご著書「今 ここに」ご案内


6月にお知らせした映画「father」の後藤神父さまの3冊目のご著書が、9月13日に発売されます。89歳の神父さまの足跡の集大成といえる1冊です。
母校男子部では、創立記念日の10月31日式典で、神父さまの講話があるそうです。
中高1200人の生徒たちは、カンボジアの事前学習をして、神父さまたちをお迎えします。10月末に来日される、神父さまがお育てになったカンボジアのお二人も同行されます。もちろん、この新書にも、お二人についての記述があります。
母校の創立記念日の式典は、南山教会で、授業の一環として行われますが、皆さまには、ぜひ、神父さまのご著書で、神父さまと里子たちの歩みをお読みくださればと思います。広く、ご紹介下さい。
「雑誌掲載記事」はこちらからご覧ください。



ちなみに、新書の帯をお書きくださっています「カトリック東京大司教区の菊池功司教」さま(カテドラル関口教会)もご卒業生(S29)でいらっしゃいます。
後藤神父さまについての常盤会Webでの紹介記事も併せてお読みください。
http://www.nanzan-tokiwakai.com/web/tokiwakaiBlog/2018/07/2018609fatherg09.html
http://www.nanzan-tokiwakai.com/web/tokiwakaiBlog/2018/04/father.html

 

 

NEW「第19回東京支部の集い」 ご案内


南山常盤会同窓生の皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
常盤会は今年も新しい同窓生を迎え、現在30000名を越えました。東京支部の同窓生も常時2000名に達しております。
東京支部は1986年11月発足以来、「東京支部の集い」を開催致しております。今年は3年振りの開催の年です。
今回は趣をかえて夜の開催となります。美術館閉館後の空中レストランを貸し切り、六本木の夜景に囲まれた幻想的な雰囲気を、常盤会の皆様が独占しての同窓会となります。美術館鑑賞後、お仲間とお誘い合わせの上、多数の皆様のご参加をお待ちしております。学生の皆様にも先輩との出会いから、今後のさらなる発展を得られることを期待しております。
支部の集いが同窓生の皆様のますますの親交を深め、さらに新たな交流の場となる事を願っております。
皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。



南山常盤会東京支部第19回東京支部の集い
日時:2018年11月17日(土)18:00~20:30
場所:国立新美術館3階 ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
東京都港区六本木7丁目22-2国立新美術館3階 電話:03-5770-8161

 

直接レストランへ向かわれる場合はチケットを購入せず、建物内のエレベーターで3階レストランへお越し下さい。(2階レストランではありません。)

アクセスマップ

 

 会費:8,000円 学生3,000円

お申し込みはこちらから

 

  出席恩師:吉祥寺教会 後藤文雄神父
なお、同窓生の東京カテドラル関口教会 菊池功東京教区大司教(S29)も出席されます。


当日、国立新美術館では、『オルセー美術館特別企画ピエールボナール展』

および『生誕110年 東山魁夷展』開催中

恩師の先生方のご参加状況は都度支部HP に掲載させて頂きます。

 

 

支部だよりの歴史に第6号(1992年発行)をアップしました

 

 

 

2018ニューカマーズ歓迎会報告


2018年4月21日(土)14:30~17:00  347CAFE&LOUNGE


 当日は新同窓生・国際校10名、男子部5名、女子部15名、併せて30名の参加がありました。新しい環境での生活にも慣れてきた頃、懐かしい仲間、恩師の先生方との寛いだひとときを過ごして頂きました。各校の学年幹事の選出も速やかに進行し、来年の歓迎会の運営をお願いすることができました。
 歓迎会は今年も昨年卒業の学生実行委員7名が運営に携わり、役割を十分に担い、彼らの1年間の成長に触れることもできました。学生実行委員の若い感性での企画は、歓迎会に新しい感覚を吹き込んでおります。先輩から引き継がれた学生実行委員が歓迎会で、ますますの新しい発展を見せてくれる事を期待しております。
 新同窓生以外に、現役学生からも恩師の先生への近況報告としての参加があり、歓迎会の役割にさらなる期待ができる場面となりました。
残念ながら国際校からの同窓生を迎える回数が限られてまいりましたが、同じ南山常盤会同窓会の一員として、男子部女子部とともに南山の風を感じていくことを願っております。
来年も同じ会場での歓迎会の開催を予定致しております。